SIMフリースマホの話題

ZenFone3 UltraからJP表記が消えたのはASUSのモデル展開の見直しか?

au VoLTEへの対応で注目されつつも、ネットワーク障害のために延期されていた ZenFone GO へのファームウェアアップデートが、昨日から順次はじまっているようです。
もっとも海外ではZenFoneシリーズの新しいラインアップ(ZenFone3)が着々と発売され始めており、日本でも9月以降の発売が予想されていますので、こちらでau VoLTEが対応するのかは気になります。

一方で、今月初めに ZenFone3 Ultra の公式サイトから、これまで書かれていたJPバージョン表記が消えたことで、同機種の日本発売が白紙撤回されたのではないかと噂されています。

ZenFone3 Ultra
AsusはZenFone2以降、かなりの機種とモデルを発売しており、今回のZenFone3でも、画面サイズ違いの2モデルに加え、Ultra、Delux、そして廉価版のLaser、MAXが現段階で用意されています。
さらに別モデルの噂もありますし、ZenFone2のときはカメラ機能を重視した機種も2種類出していました。

これだけの機種とモデルがあると販売管理だけでも負担が少なくないですし、差別化も難しくなりますから、もしかするとZenFone3の販売戦略の見直しが台湾の本社で行われているのかもしれません。
あるいは日本国内でよい提携が結べなかったことも考えられます。
キャリアを通さないSIMフリースマホは、格安というイメージがつきまとっていますし、Ultra、Deluxは日本での展開が難しいと判断があったのではないかとおもれます。

もちろん単に以前の情報が、別の機種からのコピーペーストでつくられ、消し忘れていただけの可能性もあるので、元々はじめから予定はないのかもしれません。
それに、新機種の売れ具合で、今後、また変わってくるかもしれません。
ZenFoneブランドは日本でも少しずつ認知されていますので、できればUltraかDeluxのどちらかは発売されて欲しいと、そう願います。

-SIMフリースマホの話題
-, ,