SIMフリースマホの話題

2017年の格安SIMフリースマホの本命? ZenFone3Laserが海外と同等価格で日本でも販売

ASUSJapanが、高速オートフォーカスがウリのLaserシリーズの最新機種、ZenFone3Laser(ZC551KL)の日本展開を発表しています。

ASUS ZenFone3 Laser

前モデルのZenFone2Laserと比較して、SoCにSnapdragon430、メモリはLPDDR3の4GB、ストレージ32GBへとスペックアップ。
ディスプレイも5.5インチFullHDへとなり、高輝度のIPSLCDを採用し、カバーガラスも2.5DのGorillaGrass3を使用。
さらにメインカメラのセンサーにはSONYのIMX214を採用、さらに筐体も流行のサンドブラスト加工されたメタルボディとなり、質感もアップしています。

ドコモのVoLTEだけでなく、auVoLTEに対応しています。

カラーはシルバーとゴールドの2色。
価格はASUS公式のZenFoneShopで、27,800円(税込30,024円)となります。
台湾ではNT$8,990で発売されており、今回、海外との価格差はなくほぼ同等といえるでしょう。

ASUS ZenFone3 Laser

MVNOでは、UQモバイル、Nifmo、ビッグローブSIMなどが取り扱いを公表しています。
特にUQモバイルでは、19,800円(税込21,384円)で登場しています。
登録料3,240円が別途かかりますが、これまでの例からしてデータ高速プランのみでの契約も可能かとおもわれますので、端末だけなら今のところ最安かもしれません。
もちろんUQモバイルでそのまま利用する方は(端末だけなら)最安値となりそうです。

サイズ、価格からFREETELが来年発売を予定しているRAIJINと比較されそうです。

LaserはZenFone2のラインアップでも人気のシリーズですし、価格設定からしてASUSJapanもかなり力を入れていそうです。
来年には5.5インチの2万円台の格安SIMフリースマートフォンの本命になるかもしれません。

ZenFone3Laser(ZC551KL)の主なスペック

SoC Snapdragon430
メモリ 4GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ 5.5インチFullHD IPSLCD
OS Android6.0
カメラ メイン:1300万画素/フロント:800万画素
バッテリー 3000mAh
その他 高輝度液晶、高速AF

参考リンク:
シリーズ中最も人気製品の後継モデル「ZenFone 3 Laser」を発表(AsusJapan公式ニュースリリース)

-SIMフリースマホの話題
-,