SIMフリースマホの話題

gooのスマホにg07が登場。格安スマホながらDSDS対応のミッドレンジのスペックで発売

NTTレゾナントが展開するgooのスマホに、g07がラインアップされました。
価格帯は格安スマホのラインですが、ミッドレンジのスペックを持つDSDS対応のSIMフリースマホです。

gooのスマホ g07

MediaTekのMT6750T、3GBのメモリに32GBのストレージ、5インチFullHDのIPSLCDディスプレイに、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応し、カバーガラスにAGC旭硝子のDragontrail、1300万画素のメインカメラ、3000mAhのバッテリーといった内容です。

SoCは雷神RAIJINと同じですね。
アルミニウム合金の筐体や、指紋認証昨日も備えています。

DSDS以外、取り立てて大きな特徴のないSIMフリースマホですが、ミッドレンジとして特に大きな欠点や不足した機能もない端末です。

もちろんスマートフォンは、特に格安スマホはスペックだけでは計れないところもあり、実際に使用してみないことにはわかりません。
CoviaコヴィアはSIMフリースマートフォンでは比較的古くから販売されているとはいえ、とにかく品質よりも安さがウリというイメージでしたので、少し心配なところはあります。

それでもある程度のクリアランスが保たれているならば、2万円前後の格安スマホのなかでは優秀なスマートフォンになりそうです。

カラー展開はフロント部がホワイトパネルとブラックパネルの2モデルで、gooSimseller(NTTコムストア)などで、19,800円(税込21,384円)で販売されます。
gooSimsellerはSIMセットですがOCNとの契約は必要ありません。

【参考リンク】
NTTコムストア gooのスマホg07

-SIMフリースマホの話題
-,