SIMフリースマホの話題

au系MVNOと対応端末の突っ込んだ話が聞ける? IIJmio meeting 14が来年1月に開催

MVNOのIIJmioが開催するIIJmioミーティングの第14回が、来年の1月に大阪と東京で開催されます。
毎回、初心者向けの教室や端末の展示だけでなく、MVNOやSIMフリースマホ、日本の通信事情まで、毎回興味深い話題が満載のトークセッションも行われています。

もっとも普通にIIJmioをはじめとするMVNOをただ使うだけでしたら、必要のない知識が大半ですが、これまでもゼロレーティングの問題点や、災害時のエリアメールの実験、IIJでの動作端末の確認方法など、興味深い話題が多く出ています。

次回の開催では、SIMロック解除ガイドラインの説明、そしてIIJmioのタイプA(au回線)のSIMで多くのSIMフリー端末が使用できない件での調査内容が紹介される予定です。

IIJmio TypeA

IIJmioのタイプDのようなドコモ系のMVNOの場合、ドコモの周波数にさえ対応していれば大半のスマートフォンは利用できます。
ドコモが販売するSIMロックが施された端末でも、特にロックを解除しなくとも、テザリングなどの多少の制限があっても、多くの端末がそのまま動きます。

しかし、au系のMVNOではそうはいきません。

以前はVoLTEに対応したSIMがMVNOに存在せず、そのためLTEに対応したSIMロックのかかった端末では通話ができないという状況でした。

auの3GであるCDMA2000がマイナーな規格であり、auの周波数帯に対応したSIMフリー端末は少ない上に、新しい端末ではauがSIMロックを解除してくれないという状況で、事実上、auのやや古い端末をSIMロックを解除して使うという方法です。

現在ではVoLTEに対応したSIMが発行されていますが、auVoLTEに対応した端末でなければ使用できません。

正直、これを書いただけでも複雑でなにを言っているのかわからなくなって、間違っているようで不安になってきますが、こういった点についての調査結果がまとめられて発表されるのではないかと期待されます。

IIJmio meeting 14 の詳細については下記のリンク先を参考にしてください。
東京会場での開催はネットでも中継される予定です。

http://techlog.iij.ad.jp/archives/2138

-SIMフリースマホの話題
-, ,