SIMフリースマホの話題

【MWC2017】XperiaZXシリーズやLG G6など、気になったスマホ総まとめ

年度末のためなかなか更新もままならない状態ですが、MWC2017で発表された興味深いスマートフォンをまとめてみました。

なお、HUAWEIのP10は先に記事にしていたこともあり、省いています。
P10の日本発売はほぼ確実だろうとおもわれますし、HUAWEIのウー氏のインタビューから、P10Plusも投入する可能性がありそうです。

SONY

  • Xperia XZ Premium
  • Xperia XZs
  • Xperia XA1
  • Xperia XA1 Ultra

Xperia XZ Premium

Xperia XZ Premium


SONYの Xperia シリーズでは、最上位の XZ Premium、小型化したXZs、廉価版の XA1、6インチ大画面の XA1 Ultra の4機種が発表されました。

Premiumでは、4Kディスプレイの復活、カメラ機能のさらなる向上などが盛り込まれています。

消費電力も大きくなる4Kディスプレイはともかく、MotionEyeと総称される 改良されたカメラは、画素数を減らし画素ピッチを拡大し、暗所での性能を強化、センサーにDRAMを置きデータをバッファさせることで、先読み撮影や、スーパースローモーション動画など、かなり手を入れてきました。

Xperia XZ Premium

SoCも最新のSnapdragon835を採用するなど、フラッグシップとしては順当な進化をしています。

XZsはPremiumからディスプレイを5.2インチのFullHDに、SoCをSnapdragon820にとスペックダウンした機種ですが、こちらの方が実用的にも価格的にもねらい目のようにおもいます。

一方、もっとも廉価のXA1はちょっとターゲット層が見えにくい機種です。

6インチのXA1Ultraはいいのですが、XA1は5インチのHDディスプレイ、指紋認証も無し、でもメモリは3GBにメインカメラは2300万画素のセンサーとなんだかひどくバランスの悪いスマホとなっています。

今回は久々におもしろい機種だとおもうのですが、XZPremiumは価格が10万前後となる予想です。
Xperiaシリーズは日本ではキャリアからの発売が中心になりますので、SIMフリーとしては上位の機種が発売されることはなさそうです。

LG

  • LG G6

LG G5 の後継機の LG G6 は、G5のモジュラーデザインは廃止されてしまいましたが、18:9のディスプレイは5.7インチの大型でありながら、狭額縁デザインで同社の5.29インチのスマホとあまり変わらない外見を維持。
画面の半々で別々の情報を表示したり、DolbyVision、HDR10にも対応し、動画再生に力を入れています。

LG G6

LG G6

デュアルカメラはどちらも同じ1300万画素へと変更。
もちろんハイレゾ音源再生対応です。

ひとつ残念なのはSnapdragon821な点くらいでしょうか。

MOTOROLA

  • MOTO G5
  • MOTO G5 Plus

PlusはSnapdragon625を採用するミッドレンジです。
無印はSnapdragon430の低価格モデルですが、フロントカメラの機能はPlusより上。

MOTOROLA Moto G5 Plus

MOTOROLA Moto G5 Plus

こちら日本での発売が決定しています。
数週間の内に東京で発表会を行うとのことで、そのときに価格等も発表される予定です。

もっともMOTOROLAの注目はMotoModsの方でしょう。
AmazonのAlexaを使用できるMotoModsなど、気になるものが出ています。

ZTE

  • Blade V8 lite
  • Blade V8 mini

BladeV8シリーズとして、V8 lite と V8 mini が発表されました。
いわゆる格安スマホで、日本でも発売が予定されていますので、イオンモバイルなどでSIMフリーとして出てくるのではないでしょうか。

また今回のZTEの発表では、理論値とはいえ1Gbpsのダウンロード速度を誇るZTE Gigabit Phone のデモが注目を集めました。

ZTE Gigabit Phone

ZTE Gigabit Phone

TCL Communications

  • Alcatel A5 LED

ALCATELブランドとして、Alcatel A5 LED を発表。
背面がMotoModsのような取り替え可能な拡張パーツとなっており、本体と連動した多数のLEDを配したバックカバーが付属しています。
今後、他のパーツも発売される予定です。

TCL Alcatel A5 LED

TCL Alcatel A5 LED


ただALCATELブランドではなく、AndroidOSとQWERTYキーを搭載したBlackBerry端末の方が注目されているようです。
やはりBlackBerryのブランド力はまだまだあるようですね。

その他

SAMSUNGのGalaxyS8の発表イベントを3月29日にニューヨークで開催することを発表したり、HMD Global が NOKIAの17年前のフューチャーフォンの復刻?モデル Nokia3310 が話題となっていました。

NOKIA 3310

NOKIA 3310


MWCですので、全体としては新しいスマートフォンの発表よりも、来たるべく第5世代5Gに向けた通信技術のアピールの方が多くなっているのですが、各メーカーも飽和したモバイル市場を見据えて、単なるスペック争いだけではなく、別の方面からのアプローチも行っているのが見て取れる感じでした。

-SIMフリースマホの話題
-, ,