各種データ

MVNOが取り扱う主要SIMフリースマホ早見表 2017年03月06日更新

2017/03/08

日本でSIMロックフリーのスマートフォンを購入する手段としては、ネット通販や量販店での購入が主流ですが、MVNO各社も利用者に向けて販売を行っています。
販売されているのはそのMVNOのプランで動作を確認している端末ですので、はじめてでよくわからない人でも安心して手を出すことができるでしょう。
そこでMVNOが扱う主なSIMフリースマートフォンを早見表にまとめてみました。

基本として一括払いが可能なMVNOのみ掲載しています。
分割払いしか選択肢が無く解約時に残債一括払いのMVNOは除外しています。

MVNOが扱う主なSIMロックフリースマートフォン 2017年03月06日現在
(拡大してご覧ください)

MVNOが扱う主なSIMロックフリースマートフォン 2017年03月06日

※1: SH-M04-A
※2: 独自色シャンパンゴールドあり
※3: はっきり文字機能追加
※4: RAM2GB/ROM16GBに増量・FMラジオ搭載
※5: 独自色ピンクのみ
※6: 独自色グリーンあり
※7: 独自色オレンジあり
※8: 独自色レッドあり

公式サイトの端末セットのリストに掲載されている端末のみ掲載。
 セール等で端末が復活することもあるが、メインのリストとになければ掲載しない。
 OCNモバイルのみ取り扱いが複雑なためgooSimsellerでの販売へと再変更。
MVNOの括弧、Dはドコモ、Aはauの回線

前回(2016.12.31)からの主な変更点
基本的に九州のみのBBIQを削除。
追加機種
 HUAWEI nova
 HUAWEI nova lite
 ZTE AXON 7
 ZTE AXON 7 mini
 ZTE Blade V770
 ASUS ZenFone3 Deluxe ZS570KL
 KYOCERA DIGNO W
 WIKO Tommy
削除機種
 ASUS ZenFone Selfie
 FUJITSU arrows M01
 Motorola Moto Z Play
 ZTE AXON mini
 TCL-ALCATEL ONETOUCH IDOL 3
UQモバイルで一覧にあるもののすでに販売を終了している機種を削除
 KYOCERA DIGNO L
その他、記載の修正、変更

覚え書き
イオンモバイルが専用サイトを開設、機種を増加させるなど力を入れてきている。
OCNモバイルも再度gooSimsellerで取り扱い機種を増加。
今後の予定として、自社端末のみのFREETELと、新規追加が全くないU-Mobileを削除するか検討。

-各種データ
-,