初心者向け

強化ガラスか保護フィルムか。カーブデザイン時代の液晶保護を考える

貼るのはたいへんだった保護フィルム

新しいスマートフォンを購入し、パッケージを開封したらなにをする。
そう問えば、開封の儀と称して写真を撮る人もいるでしょうが、やはりひととおり電源を入れて確かめた後、まずは保護フィルムを貼る人がほとんどではないかとおもいます。

しかしこの作業、以前はとにかくゴミが入ったり気泡が浮いたりと悩ましいモノです。
全裸になってお風呂場でするといいというノウハウもありましたし、フィルム貼りサービスなども登場しました。

私は初めてフィルムを貼ったときは、よくわからなくて反対側を触ってしまうという失態を犯してしまったこともあります。
(その後、触った面がどうにもならなくなり、数日後に別のフィルムを買うことになりましたが)

今ではミスがないようにタブが貼られていますし、時間が経つとある程度の気泡が自動で抜けたり、位置あわせのガイドもよくできているなど、至れり尽くせりなのですが、スマホが登場した初期の頃はそんなものもなくフィルムを貼るのは命がけの作業でした。

強化ガラス保護フィルムの隆盛

数年前からPET素材の保護フィルムに代わり、強化ガラスフィルムが流行し始めました。

少々価格が高く、安いモノでも1000円程度はするのは仕方がないにしても、ガラスフィルムは貼るときに気泡が入りにくく、保護フィルムとしても強度に勝ります。
またガラス素材なので透明度の高さと手触りの良さで、PETのフィルムを圧倒していました。

私もはじめてガラスフィルムを使用したときは、位置を合わせて置くようにするだけですっと貼れましたので、感動しました。

難しくなったカーブデザイン

しかしiPhone6で、液晶のガラスが緩やかにカーブするデザインを取り入れたことで状況が変わり始めます。

iPhoneのデザインは他のスマートフォンにもすぐに波及するので、今やスマートフォンもミッドレンジ以上は曲面を多く取り入れており、エッジがカーブしているスマートフォンはごく当たり前の状況となってしまいました。

対策として2.5Dや3Dといった強化ガラスフィルムも登場し、特に前面をすべて覆う3Dのガラスフィルムは見栄えもよくなります。

ただこれらのフィルムの利用者のレビューを読むと、比較的評価の高いものでも四隅のいずれかが浮くというコメントはそうめずらしいものではなく、やはり難しさが窺えます。

ガラスフィルムの加工自体にも精度が問われますし、スマホ本体も微妙に個体差があります。
強化ガラスのメリットである硬さが、かえって仇となってしまったのです。

強化ガラスの欠点

価格も安くなったとはいえ、それでも性能の良いものは高くなります。
消耗品ですが、気軽に取り替えるのがためらわれるものもあります。

そもそも強化ガラスといっても万能ではなく、落下の衝撃などには弱いものです。
またiPhoneを始め、最近のスマートフォンにはほとんどがゴリラガラスやドラゴントレイルのようなカバーガラスが使用されており、その上からまた同じような強化ガラスを貼るということにもなります。

平面では優位な強化ガラスも、曲面での使用となると、わずかな隙間が破損につながることもあります。
そこで、これまでのような全面の大部分を覆ってしまうのではなく、カーブする手前のサイズにしたり、なかにはフレームにPET素材を使用した強化ガラスなるものもあったりと、いろいろと工夫を凝らすようになりました。

保護フィルムの進化

一方でいつの間にか保護フィルムもずいぶんと進化したようで、高価なものはかなりガラスに近い性能を

知り合いはこれまで強化ガラス派でしたが、所有しているMI MAXは保護フィルムに変えていました。
MI MAXはあまりよい強化ガラスがないそうで、端が浮いてしまったり、そもそもの精度があまりよくないものばかりにあたってしまったとのこと。

そこで1000円前後の保護フィルムを試してみたところ、予想以上によい感じだったとのこと。

私も触らせてもらいましたが、たしかに昔のイメージとは異なり、反応もよく快適で、視認性も悪くありません。

私も数百円で3枚のような安いものがほとんどでしたので、保護フィルムを貼るとなんだか反応が悪くなったり、なんだか貼ってますよ感が目視されて敬遠していたのですが、これならば問題なく使えそうでした。

Amazonなどのランキングをみると人気はまだまだ強化ガラスフィルムのようですが、従来の保護フィルムの進化も着実に行われているようです。
今ではガラスフィルムと並ぶ硬度をうたっているものもありますし、防指紋、防油、のぞき見防止、ブルーライトカット、自己修復、さらにはスタイラスで書きやすいような紙風味のものまで、さまざまな用途を兼ね備えたフィルムがありますので、強化ガラスフィルムがうまく貼れない機種でしたら、一度、高めの保護フィルムを試してみるのもいいのではないかとおもいます。

保護フィルムとは別のお話として

現在のこのカーブデザインの流行はいつまで続くのでしょうか。
HonorMagicとかほんとうに映像で見るとすごいのですが、カーブを多用したデザインは個人的にあまり好きではないので、複雑です。

昔のXperiaの一枚板をイメージしたオムニバランスデザインが好きなので、尚更なのかもしれません。

持ちやすさを考えると、たしかにカーブは有効なので、それは背面にして、前面は平面がよいのではないかとそうおもいます。

-初心者向け
-,