SIMフリースマホの話題

MOTOROLA Moto G5 と Moto G5 Plus を3月31日から日本で発売。激戦区で勝ち残れるか

モトローラはMWC2017で発表した新しいMoto Gシリーズを、早くも今月末3月31日より日本国内で発売します。

MWCで発表された新しい端末で日本で発売されるのはかなり早めの投入です。
インタビューでモトローラ・モビリティ・ジャパンの代表取締役ダニー・アダモポーロス氏が日本市場への積極的展開を述べていましたが、まさにその通りの展開となっています。

MotoG5は、Snapdragon430にメモリ2GBのローエンド、G5 Plus はSnapdragon625にメモリ4GBのミッドレンジのスマートフォンです。
他には、ディスプレイのサイズが5インチと5.2インチ、カメラのレンズがF2.0とF1.7、バッテリー容量が2800mAhと3000mAhと、少しだけPlusの方がよくなっています。

カラーはどちらもルナグレー、ファインゴールドの2色。
価格は Moto G5 が24,624円(税別22,800円)、Moto G5 Plus が38,664円(税別35,800円)です。

MOTOROLA Moto G5

モトローラといえば、早くから日本国内でもDSDSに対応したメーカーですが、このMotoG5でも、Plusは対応済、無印も後日のファームウェアのアップデートで対応する予定です。

またauVoLTEにはハードウェアとしては対応しているものの、auの認証を受けていないので非対応とのことです。

Moto G5 シリーズはヒットするか

先のアダモポーロス氏は「日本はおもしろい市場だが、むつかしい市場ではない」ということを語っていました。

このMotoG5が担う2万から3万円台の市場は激戦区となっています。
1年前は、DSDSが他のメーカーと比べてストロングポイントとなっていて、G4 Plus はヒット商品となりましたが、今ではDSDSもそれほどめずらしい機能ではなくなってしまいました。

モトローラのウリであるMotoModsも対応していませんし、カラーリングもベーシックです。

MOTOROLA Moto G5 Plus

Gシリーズをはじめ、MOTOROLAのスマートフォンで他のメーカーにはない特徴といえば、素に近いアンドロイドを搭載している点でしょうか。
PIXELも投入される気配がありませんし、NEXUSシリーズ亡き今、もっとも純粋に近いAndroidOSを搭載しているメーカーでしょう。
そのためアップデートも期待できますし、メーカーの変なアプリもほとんど入っていません。

最近ではSIMフリーのスマートフォンでもメーカーだったり購入したMVNOの関連サービスだったりと、様々なアプリが入っていることもありますので、こういった仕様はうれしいところです。

そしてSDカードスロットが2枚目のSIMと同じスロットを利用するスマホが多いなか、独立していることもメリットです。

無印G5はHUAWEIのnova liteが強力なライバルになるのでしょうか。
比較すると無印G5はDSDSにも対応していますし、Wifiも5GHz帯に対応しています。
ただひとつ、メモリが3GBあったならとおもわずにはいられません。

一方の Moto G5 Plus の方が隙がない存在です。
地味ですが、カメラに明るいレンズを採用しているところもポイントです。
安定性が高ければ、3万円台では他の機種をリードする機種になりそうです。

-SIMフリースマホの話題
-, ,