SIMフリースマホの話題

SAMSUNG の2017年フラッグシップ Galaxy S8 と S8+ のポイント

SAMSUNGは、アメリカはニューヨークでGalaxy Unpacked 2017を開催し、2017年のフラッグシップとなるGalaxyS8と同S8+を発表しました。
かなりボリュームのある発表でしたので、ポイントをかいつまんでどうぞ。

ディスプレイ

ディスプレイにはSuperAmoledを採用し、超狭額縁Infinity Display
画面サイズはS8が5.8インチ、S8+が6.2インチ。
どちらもエッジディスプレイとなっていて、画面サイズが機種の差となっています。

解像度は1440x2960で、9:18.5の比率です。

HDR10に準拠し、Amazonと連携。
しかしDolby Visionは非サポートです。

また詳細不明ながら初のUltra Dynamic Range認定となっています。

ボタンとセンサー

これまでのGalaxyシリーズの特徴だったボタンとタッチセンサーは、S8では画面内下部へと移動。
ホームキーは感圧センサー対応となり、SAMSUNGはAPPLEよりも反応がすぐれていると主張しています。

指紋・虹彩・顔認識のセンサーを備えています。

AIアシスタント

今年定番化してきたデジタルAIアシスタント。
SAMSUNGのBixbyは、音声応答をはじめ、ランドマークや商品の画像認識、リマインダー等の機能があります。
ただし音声は当初は英語と韓国語のみです。

カメラ

メインカメラはS7と同等の12MPのセンサーを使用。
ソフトウェアを改良し、マルチフレーム処理 複数の露出から画像を作成するHDR的な機能を設けています。

フロントカメラは8MPで、顔検出機能、AF対応です。

主要スペック

SoCはQUALCOMMのSnapdragon835版と自社のExynos8895版の2種類があります。
また一般的にはメモリ4GBに内部ストレージが64GBとなりますが、一部の地域(韓国と中国と予想されています)では、6GBに128GB版が投入される予定です。

OSはAndroid7.0 Nougat。

ネットワーク機能は、Cat.16/13、Bluetooth5.0に対応しています。

バッテリーとボディ

バッテリーは一体型で、S8が3000mAh、S8+が3500mAh。
SAMSUNGの急速充電とQuickCharge2.0に対応し、ワイヤレス充電はWPC(qi)とPMA(Powermat)両対応です。

ボディはアルミフレームで、IP68の防水防塵。
USBは Type-C 3.1 、カバーガラスはGorillaGlass5。

カラー展開は、Midnight Black、Orchid Gray、Arctic Silver、Coral Blue、Maple Goldの5色。

発売日と価格

S8、S8+とも、アメリカで4月21日に発売され、750ドル、850ドル。
ヨーロッパでは4月28日に、809ユーロ、909ユーロとなっています。

またSIMフリー版は、アメリカで5月9日より、724.99ドルと824.99ドルで発売される予定です。

付属品としてAKGのイヤホン、そして予約特典としてGearVRが用意されています。

ドックステーション

別売りでデスクトップPCとして扱えるSAMSUNG DeX というステーションが用意されます。
HDMI、USBポートx2、Ethernetなど一般的なドックですが、AdobeやMicrosoftと協力してアプリの最適化を行い、Lightroom やOfficeが快適に動作します。
リモートデスクトップでWindowsを操作も可能。
面白いことに冷却ファンが備えられているとのこと。

問題点?

背面に設けられた指紋センサーの位置がよくないのではと指摘されています。
メインカメラのレンズの隣に位置するため、誤ってレンズを汚してしまう可能性が高いとの不安です。

ただ高度な虹彩認証が搭載されているため、指紋センサーの使用頻度は低くなるのではないかとも考えられています。

-SIMフリースマホの話題
-,