SIMフリースマホの話題

Huawei P9 と Honor8 の比較。どちらを購入するべきか選ぶポイント

2016/10/01

2016年の後半から、デュアルカメラは現在のスマートフォンのトレンドになりそうです。
今やコンパクトデジタルカメラを駆逐してしまったスマートフォンですが、物理的な問題からセンサーやレンズのサイズ制限が厳しく、そのあたりがデメリットとなっていました。
メーカーもさまざまな工夫を凝らしていて、そのひとつがデュアルカメラです。

日本で正式に販売されているSIMフリースマートフォンでもトップクラスの性能を持つのが Huawei P9 です。

そこへ同じくHuaweiから、Honor8という新製品が発売されました。
P9よりも普及価格帯に位置づけされるHonor8ですが、そのスペックは驚くほど似通っています。

この2つの機種のどちらにするか購入を迷っている人は日本でも少なくないようです。

外見は事なれど、中身の違いは少ない

カメラはほぼ同じだがP9にはライカの撮影モードあり

この2機種を比較している方は、デュアルカメラに関心がある人が多いとおもいます。

P9にはライカ監修によるブランド銘が入っていますが、カメラの性能そのものはどちらもあまり大きく変わらないとおもわれます。
Huawei P9 LEICA

ひとつ違うとすれば、PCにはライカ監修の撮影モードあり、そこに興味が有ればP9で決まり、という感じです。
P9は発売後数ヶ月が経っており、日本海外を問わず撮影された写真がたくさんアップされていますので、画像検索をして好みに合うかどうかはチェックしやすいでしょう。
特にモノクロの作例は数が多いので、参考になります。

落ち着いたP9と個性的なHonor8

カメラが決定的でないとすれば、デザインということになります。

P9は持ちやすいボディで、デザイン的には高級感がありますが、無難でありそこまで個性的なデザインではありません。
展開されているカラーも落ち着いた色合いです。
都市部の中心的な量販店に行けば、展示されている確率も高いはずです。

Honor8は実際にさわったことはありませんが、このタイプの形状とガラス素材を用いていることから、XperiaZシリーズのオムニバランスデザインに近いのではないかと想像していますので、すべりやすいかもしれません。

Huawei Honor8 サファイアブルー

Honor8 サファイアブルー


デザインは海外ではサファイアブルーが特に好評を博していますが、実際にみられるのは日本では東京は銀座ファイブにあるファーウェイ・カスタマーサービスセンターでないと難しそうです。

※楽天直営の楽天モバイル店舗で店頭展示されている模様。

メモリはHonor8の方が多いが

スペックに関してはどちらもほぼ不満はないのですが、意外なことに、メモリ容量がHonor8の方が多くなっています。
P9には4GBのモデルもあるのですが、残念なことに日本では発売されていません。

Huaweiが日本での販売に本腰を入れているため、価格戦略としてフラッグシップであっても、あまり高いモデルは扱いにくいのかもしれません。
AppleやSonyと比べると今はまだブランド力で及ばず、4GBモデルは内部ストレージの容量もアップし、価格も相応にあがるため、高額なモデルでは競争力がないと判断しているのかもしれません。

Huawei P9 EVA-L29

Huawei P9

ですがAndroid6.0や7.0で使う限り 、3GBでもじゅうぶんな容量ではあります。
海外では6GBのメモリを持つフラッグシップも出てきましたし、将来的にはもっとメモリの容量も必要になるでしょう。
ですがその頃にはバッテリーが消耗して買い換えを余儀なくされる可能性は高いでしょう。

終わりに

個人的には迷っているのでしたらP9をおすすめします。
今のところオンリーワンのスマートフォンであり、P9の方が購入後に、やはり別のにしておけばよかったと後悔する可能性は低いはずです。
それにHonor8は楽天(楽天モバイルと楽天市場のHuawei公式ショップ)の独占販売のため、購入できるルートが限られるのに対し、P9はいくつかのMVNOやネット通販から量販店まで、いくつもの選択肢があります。

Honor8を選ぶ理由としては、デザインと価格です。

ただどちらもSoCがKirinなので、重いグラフィック処理を必要とするゲームのようなアプリを動かすことが中心ならば、Snapdragon系のSoCを採用した端末にする方が無難でしょう。

-SIMフリースマホの話題
-, ,