SIMフリースマホの話題

Google Pixel PixelXL を発表。ほぼ予想通りもMicroSDには対応せず

pixel_press
10月4日(日本時間では5日)に、Googleは自社の新製品の発表会にて、Googleブランドのスマートフォン、PixelとPixelXLを発表しました。

主立った情報はこれまでにほとんどリークされており、出尽くしていますが、改めて。

PixelとPixelXLは、5インチFullHDと5.5インチWQHDというサイズ以外にはそれほど大きな違いはありません。

主な特徴としては、Qualcommの現最高SoCであるSnapdragon821を搭載。
4GBのLPDDR4メモリ、OSにAndroid7.1、AMOLEDとゴリラガラス4、ソニー製カメラセンサー、USB Type-C、急速充電、GoogleAssistant、Daydream連携、無制限のGoogleフォト利用、メタルユニボディと基本的にかわりません。
センサーも指紋認証からジャイロまでほぼ揃っています。

いわゆる現在のAndroidスマートフォンにおけるフラッグシップの要素と、今後Googleが普及と覇権を目指すテクノロジーへの対応をすべて詰め込んでいます。

googlepixelimage

暗所にも強いフロントカメラ

Pixelの注目点は、GoogleアシスタントやVR(Daydream)対応などがメインでしょうが、もうひとつ興味深い部分として採り上げるならばカメラセンサーの大型化です。
F値2.0のレンズと共に暗所での撮影が強化されています。
スマートフォンのカメラは屋内での利用も多く、暗い場所での撮影能力がもとめられています。
最近ではライバルのAppleがデュアルカメラを搭載していますし、スマートフォンでは差別化しやすい部分ですので、力を入れてきたのでしょう。

価格や$649からとこれまでのNexusシリーズより高額で、カラーは、QuiteBlack、VerySilver、ReallyBlueの3色です。
もしかするとブルーはキャリアからの限定色になるかもしれません。

1次発売国は、アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、ドイツの5カ国となっています。
日本は今のところ未定ですが、いずれ発売される(おそらくプリインストールされるGoogleアシスタントの日本語対応の後)のは確実とおもわれます。

MicroSDカードスロットのリークはフェイク?

残念なお知らせとしては、噂されたMicroSDカードスロットは搭載されていないようです。
情報の出所であったCarphoneWarehouseでは、製品ページが正式に公開されましたが、そこのスペックシートにはフライングで登場したページとは異なり、Strageの項目はありません。

(もしかしたらミスだったのかはわかりませんが)ものの見事に世界中の多くのサイトが振り回されたようで、意図的ならば絶妙のタイミングでなかなかの策士です。

Pixel, Phone by Google
https://madeby.google.com/phone/

-SIMフリースマホの話題
-, , ,