SIMフリースマホの話題

Xiaomiが最新ファブレットMI Note2を発表。グローバルモデルはLTE Band19対応

小米科技 Xiaomi Mi Note2
10月25日、Xiaomi(小米科技)の最新ファブレット Mi Note 2 が発表されました。

前面の77.2%を占める両サイドがカーブしたフレキシブル有機ELディスプレイが目を引きます。
供給はSamsungではなく、カバーガラスも不明でおそらくGorillaGrassではない模様。

SoCには最新のSnapdragon821、メモリはLPDDR4、ストレージはUFS2.0対応。
メインカメラのセンサーにはIMX318を、フロントにはIMX268を採用。メインだけでなくフロントカメラもAFに対応しています。
急速充電3.0、24bit/192KHzハイレゾ音源、NFC対応。
今回もSDカードスロットはありません。

カラーは、グレイシャーシルバーとブライトブラックの2色です。

メモリとストレージの違い、そしてグローバルモデルの3つのモデルがあります。

価格はメモリ4GBストレージ64GB版が2799元($415)、6GB/128GB版が3299元($485)、同グローバルモデルが3499元($520)です。

日本から見て興味深いのは、この3モデルのうち、$520の37の周波数に対応したグローバルモデルがLTEのBand19をサポートしている点です。
Mi Note2 Band
(残念ながらFOMAプラスエリアには対応していません)
他の2モデルは中国国内で主に使われる19の周波数帯にしか対応していないようです。

グローバルモデルの主なスペック

SoC Snapdragon821
メモリ 6GB
ストレージ 128GB
ディスプレイ 5.7インチ OLED FullHD
OS Android6.0+MIUI
カメラ メインIMX318 フロントIMX268
バッテリー 4070mAh
その他 QuickCharge3.0、ハイレゾ再生、NFC対応

-SIMフリースマホの話題
-,